注目キーワード
  1. 成功
  2. 失敗
  3. 現実
  4. ブラック企業
  5. 起業

劣悪な労働環境からの脱出!人生初のミドル転職は知らないことだらけ

自営業者って何かと不自由が多いと思いませんか?

ええ、私自身自営業者になれば束縛されることなく自由に仕事ができると考えていましたが、実際は違いました。

何もかも自分でやる、いわば自己責任の世界で給料も保証されているわけではありません。

地域の商工会議所に属している自営業者やフリーランスの多くが、「儲かっているフリをしながら陰ではこっそりバイトしている…。そんな世界です。

20年間転職したことがなく応募方法すら分からない

dummy 劣悪な労働環境からの脱出!人生初のミドル転職は知らないことだらけ

42歳 男性 以前マッサージ師、現在医療系の会社員

私は約20年、マッサージの仕事をしておりました。

マッサージの業界しか知らず、ずっとこの仕事をやっていくのかな〜と、以前の私は将来のことをあまり真剣に考えませんでした。

与えられた仕事を黙々とこなしているだけの平凡な毎日。

しかし、40代になりあることを考え出しました。

それは今以上にもっとお金がほしい。

そして今の仕事は20年やってきたが、仕事は自身が店を持ち経営していくまでの情熱はない。

ぶっちゃけた話、私はマッサージの仕事が好きではありません。

定年までずっと続けていたくない考えが、私を転職へと誘ったのです。

転職をするにも業種を変えて違う畑で位置から始めることは、初めてでまずどうしたら転職をうまく成功させられるのか?

第一関門としてそれが真っ先に浮かびました。

まず私が行った手段は、自分自身で求人広告を雑誌やインターネットで探し、自身で作成した履歴書を会社に直接送る手法。

しかし、先方からの連絡はほとんどなく、何が悪いのかわからないまま時間だけがただ過ぎていきました。

転職活動を始める上でなにか根本的に違うのではないのか?と疑心暗鬼に陥った私。

それであれば、転職のプロに話を聞いてもらったほうが手っ取り早いのではないのか?と思い、人生初の転職のエージェントさんにお世話になりました。

すると、あれこれ独自のやり方でやっていた自身の行動の間違に気付かされ、キャリアコンサルタントに転職の手助けをしてもらい運良く転職が成功しました

自営業者に雇われてる自分には社会保証がなく不満

私が転職するにあたって最も心配だったことは、今よりも待遇のイイところに入れるのだろうか?って単純な事でした。

給与面において、マッサージ業界はかなり環境的に厳しく、1日12時間から13時間勤務は当たり前です。

帰りが遅くなっても、残業代がつかないのは慣例です。

当然有給休暇を一度ももらったことはなく、有給休暇がないのもあたりまえでした。

それとさらにヒドかったのは、会社員だったら絶対に受けられる社会保険等の制度が皆無。

自身が介入している国民健康保険料を、自身の給料で払う形です。

その他にも、自営業者に雇用され将来の保証をしてくれる制度がまったくなかったんですよね。

ですので、そのまま働いていたら将来もらえる年金は月8万円程度、ましてや給料も30万円いかない。

そんな中で働いていては思うように貯金できず、将来どうなってしまうのだろうと不安以外なにもありませんでしたね。

ですので、それらを考えた上で転職するにあたり、一番大切ことは今いる環境よりも長く働いていて良かったと思える職場に出会いたいと強く望んだわけです。

従業員に対する最低限の保証の向上、雇用主がどこまで私達労働者の将来を考えてくれているのかを、私は転職にあたり第1に考えておりました。

それと、マッサージの仕事しか知らない自分が、他の畑に足を踏み入れて通用するのか?使えないからクビって流れにならないか心配で心配で仕方がなかったですね。

こんなことをい言うのもなんですが、ほんとに寝れない日もありました。

エージェントを知ってから転職が上手くいき出した

まず、転職活動を本格的に始めた際、私はマッサージ業界の簡易的な面接しか受けたことがなく実際の転職活動を始めた際は謎だらけ。

マッサージ業界の面接は主に簡易的な履歴書を作成し、求人雑誌やインターネットの広告を見て気になったところに直接電話してアポを取る。

または、マッサージ業界専用の転職サイトに登録し、そこで気に入ったマッサージ店にサイト側の営業がアポを取ってくれ、面接の日時を決め面接先の店舗に出向き店長や経営者との面接。

だいたい一週間後には合否が決定する、まるでアルバイトの面接の延長線といった感じのもの。

しかし、企業に転職・就職活動となるとまずは会社のエントリーシートに必要事項を入力です。

書類選考を通過し、その後に1名から2名、大きい会社だと5名から6名で面接を行うではありませんか?

もう私の頭の中は不安と謎だらけでいっぱいでした。

マッサージ業界専門の転職サイトや、転職エージェントに出会うまでは、手当たり次第に気になった企業に履歴書を送付してはお見送りの嵐です。

結局何がダメだったのかも分からずじまいでしたが、転職エージェントに転職の方法をあれこれ聞き転職活動を行いました。

いやぁ、この転職は本当に苦労しましたね。

マトモに職務経歴書を書いたことがありませんでしたし、書き方にもルールがあるなんて知りませんでした。

面接でもアピールするための、自己PRや志望動機の考え方も全然知りませんでしたから、転職エージェントさんに出会ってなかったら絶対成功していなかっただろうな。

劣悪な環境でブラック企業だと気付きもしなかった

40代で転職できたことは、ほんとーーーーーーに、ほんとーーーーーーーーーーーーーに心から良かった!!

マジで、サポートしてくれたキャリアコンサルタントや転職サイトの人、ありがとう!って言いたい!

マッサージ業界の労働環境は、20年間ずっと仕事をしてこの業界しか知りませんでした。

ですから、これが普通なんだなと思っていましたが、ほんとはメチャメチャブラックな労働環境だったんですよね。

朝は早いし夜は遅い、おまけに残業代が出ないのは当たり前。

わけのわからない修行の名のもとに、夜遅くまで残りマッサージの練習をひたすら行う。

そんな労働をしながら雇用されている私達の保証制度は、ほぼゼロです。

今考えれば、ほんとよく続けていたなぁ俺と思いますし、40代で危険はありましたが転職して良かったですね。

転職してからは、社会保険になり給料から天引きされ自身で保険料を払い込むことはタダの一度もなくなりました。

しかもですよ、有給休暇も取得出来て好きなときに休める。

修行の名のもとにサービス残業をすることもなくなりましたし、残業をしてもちゃんと残業代がでるじゃないですか?

休みも1週間に1日休みしかありませんでしたが、今は2日間は取れますし、おまけに今までの人生で一度も貰えなかったボーナスまでもらえるようになりました。

朝早く出社し、帰りも遅くに帰ってきて寝るだけの生活を繰り返してきました。

でも今は、残業をしたとしても20時前には退社でき時間の余裕ができ、仕事帰りにジムに通えるようになりました。

もちろん、帰ってから大好きな晩酌を妻と二人ゆっくりできるようになりました。

ずっとサラリーマンしてきた方は、こんな些細な幸せが当たり前と思う方もいるかも知れませんが、私はずっと劣悪な環境にいたため今がメチャメチャ幸せです。

転職してホントに良かったぁ。

劣悪な労働環境からの脱出したミドルは転職初体験

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • ・今回転職するまで一度も経験がなく応募法すら分からない
    ・自営業者に雇われている自分には社会保障が一切なかった
    ・エージェントの存在を知ってから転職が上手くいくようになった
    ・劣悪な環境で働いてきたためブラックかどうかも分からなかった

ブラックな環境で働いていると他業界との違いを知ることもなく、人生を終えてしまうようですね。

ずっと溜まっていた不満のお陰で彼は、新しい世界に出会えました。

あなたも、経営者に対して不信感があるなら一度転職エージェントに相談してみてはいかがですか?

解決の糸口が見つかるかもしれませんよ?

最新情報をチェックしよう!
>自分の可能性を信じませんか?

自分の可能性を信じませんか?

応募できる求人すらないと嘆いていないで、前を向いて進みませんか?私自身、転職エージェントから転職回数が多く「市場価値がない」と言い放たれましたが、実際こうして転職できています。

ハローワークや転職エージェントはそれぞれの立場で好き勝手なことを言いますが、半分正解で半分間違いと考え行動してください。

諦めなければ道は開けます。

CTR IMG